港区白金の産科・婦人科 Ao Birth Clinic(アオバースクリニック)|妊婦健診 自然出産 自然分娩 ヒプノセラピー ヒプノバース 母親学級 母乳教室 白金台 白金高輪 恵比寿

港区白金の産科 婦人科 Ao Birth Clinic(アオバースクリニック)|白金台 白金高輪 恵比寿 妊婦健診 自然分娩 自然出産 ヒプノセラピー ヒプノバース

診 療 時 間
9:00~12:00
14:00~17:00

電話番号

当院について
About

医師・助産師紹介

院長池田速水先生、助産師池田恵子ご夫妻お写真

院長
池田 速水(いけだ はやみ)

2017年12月3日に、東京都港区白金で産婦人科『Ao Birth Clinic(アオ バース クリニック)』を開院いたしました院長の池田速水です。

私の父は、離島唯一の産婦人科医でした。父の後ろ姿を見て私自身も医師となり、様々な研修を経て、父の病院を受け継ぎました。
離島の医療環境は、決して恵まれているとは言い難いものでしたが、女性一人一人の『産むチカラ』を目の当たりにし、潜在能力(本能)の素晴らしさを実感しました。

妻の自然出産時には、医師という立場を横に置き、夫、父、男として付き添い、彼女のチカラに寄り添いました。
過去に彼女の分娩状況と同じことが病院で起きていた場合、私は医療介入をしていた為、途中何度も何度も、医師の顔が出そうになりましたが、彼女と対話し続け彼女のチカラを信じ続けました。

妻や島での出産を経験し、私は『教科書やデーターで、今まで自分自身を枠に入れていた』ことに気づき、『お産の場に医療介入は必須だ!』と言う、思い込みのブロックが外れました。
勿論、医療の技術は必要不可欠ではありますが、過剰な介入は避けるべきだと言うことです。

現代は、女性の本能的な潜在能力が発揮しづらい時代でもあります。だからと言って、医療介入に偏るのでは無く、女性の本来持つチカラを引き出し、医療と潜在能力のバランスが取れる出産スタイルが大切だと思っています。

当クリニックでは、ヒプノ赤ちゃんメソッドを用いたヒプノバースを基盤に、産婦人科医と助産師による出張(自宅)出産サポートを行います。また、産前・産後のケアにもチカラを入れ、カラダとココロのバランスが取れるよう『個』に寄り添ったクリニック展開をしていきます。


院長経歴

  • 愛知医科大学卒業
  • 大学病院での研修後、種子島で産科医院を開院
  • 複数の産婦人科クリニックでの勤務を経て、
    2017年12月より Ao Birth Clinic 院長

資格

  • 日本産科婦人科学会 認定産婦人科専門医
  • 米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト
  • 米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト

助産師
池田 恵子(いけだ けいこ)

はじめまして。『Ao Birth Clinic(アオ バース クリニック)』の池田恵子です。
皆さんは出産にどんなイメージをお持ちですか?
「出産は痛い!」「出産は苦しい!」「育児は大変!」…と、思っていませんか?
子供の頃に大人に言われた先入観や、TVドラマの出産シーンが壮絶だったりと、『妊娠・出産・育児って大変なんだろうなぁ~。』と、かく言う私も以前はそう思い込んでおりました。

2人目の妊娠時、カラダの内側から聞こえた本能の声に従い、自然出産を選択。現在私には家族4人とお空に1人の子どもがいます。『出産・育児は、大変⁉︎』どころか、私は子どもを産むごとに、ドンドン・ドンドンと生きやすくなっています。

子どもたちとの妊娠期からの生活により、常識や価値観などが過去の経験や先入観による思い込みで作り上げていたことを知り、今まさに家族と共に「本来の自分」として新たな人生を創造しています。子どもは沢山の気づきを与えてくれる『生き方の伝道師』だと感じています。

助産師としての経験、そして自らの出産の経験を活かし、パートナーである産婦人科医の夫と共に病院では伝えきれないことを今後当院でお伝えしていきたいと考えております。

今までの価値観や世間体から解放された、本来の自分を見つけてみませんか? 皆さまの心身の健康と、自分らしい人生を送れるよう『Ao Birth Clinic(アオ バース クリニック)』がサポート致します。

資格
助産師
米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト
米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト
日本ヒプノ赤ちゃん協会認定 ヒプノ赤ちゃん プラクティショナー
日本ヒプノ赤ちゃん協会認定 未妊セラピー プラクティショナー

院内紹介

受付

クリニック受付イメージ

待合スペース

クリニック待合スペースイメージ

診察室

診察室イメージ

エコー検査室

妊婦エコー検査室イメージ

エコー検査機器

エコー検査機器イメージ

診察室2

休憩室イメージ

休憩室イメージ

このページの先頭へ戻る